MENU

コーヒーを自分で淹れる楽しさを語る【コーヒードリップオススメです!】

どうも、ばーらです。

最近コーヒーを朝淹れて仕事場に水筒で持っていくようにしているのですが、

めちゃくちゃオススメです!

特にこんな人にオススメです。

・仕事中とかに缶コーヒーとかペットボトルのコーヒー買って飲んでる

・毎日忙しさに追われてつらい。なんか生活のゆとりがない。

・休日になると何やっていいか分からなくてダラダラしてたら1日が終わってしまう。

なにか楽しめる趣味がほしい。

この3項目のどれか1つでも当てはまるなら、

騙されたと思って1度ドリップコーヒーにチャレンジしてもらいたいです。

もしコーヒーが苦手だったら紅茶もいいかもしれませんね。

とりあえず今回はコーヒーを淹れることで

得られるとっても良いことをご紹介していきます。

目次

朝、コーヒーを淹れるメリット

今日のスケジュール構築にぴったり

朝コーヒーを淹れる時間は考えごとをするのにピッタリなんです。

なんせ朝って静かじゃないですか。

車の音もあまり聞こえないし集中するのに最適なんです。

しかも睡眠によって脳が1番元気な時間でもあります。

なのでぼくはこの時間に今日どんなブログ書こうかなーとか考えています。

ついでに何か朝ご飯を食べるようになる

ぼくはコーヒーを淹れるようになるまで朝ご飯を食べる習慣がありませんでした。

けっこうギリギリまで寝ていて、急いで仕事場に向かう生活でした。

しかし、コーヒーを淹れはじめてからは飲むついでに何か食べる習慣が出来てしまったのです。

けどこれはとても良いことです。

朝ご飯を食べることで1日をより一層エネルギッシュに過ごせるようになる素晴らしいスタートダッシュになるからです。

ちなみにぼくの朝ご飯は大体フルーツグラノーラにヨーグルトを入れたものをコップ一杯分くらいです。

コーヒーとも相性いいんです!

圧倒的な癒しになる

上で挙げた2点と比べ物にならないくらいの最も素晴らしいポイントがこれです。

めっちゃ癒されます。

コーヒーがドリッパーを通してポタポタと落ちてくる様子を見ていると無心になり、まるで時間がゆっくりと過ぎていくような感覚になります。

まるでキャンプで夜に焚き火を眺めながらぼんやりと過ごしているような感じです。

それをわざわざ山に行かなくても毎朝再現できてしまうのってすごくないですか。

これだけで日々のストレスや疲れが大幅に軽減できるでしょう。

コーヒーを淹れるためのハードル

道具が色々必要

上で色々良いことあるよ!と書きましたが、

今日からいきなりコーヒー淹れはじめるとはならないですよね。

「だって道具持ってないし、何買って良いかわからないもん!」

うん。

よく分かります。

コーヒーを淹れるためには

ドリッパーや耐熱サーバー、あと細い口でお湯を注げるドリップポットなんかも必要でハードルが高いんですよね。

解決策としては雑貨屋さんとかを見るとコーヒーグッズがまとまっているのでそこで探すくらいですかね。

ぼくの場合は奥さんがプレゼントでくれたので自分で探していません。

これ1番ラッキーなパターンですね。

コーヒーグッズは自分で探すとどれがいいのか分からないですからねー。

「よくわからんし探すのめんどくさい!」という方はリンクにあるドリップセットとドリップポットが安くて良さそうなので、これで問題無いと思いますよー

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

愛知県在住のばーらです。マンガとラーメンとコーヒーについて、たまにその他の楽しいお話をブログで書いている工場勤務おじさんです。

目次